子供の変化と私を変化させるもの


子供や私自身の明日のために
今よりもっと良い言葉を選べるとしたら?
エネルギーを下げるような言葉を選んでしまっていないだろうか。

 
昨夜、ふと寝ている息子の手を握ったら
ちょっと前よりずいぶんがっしり、
”厚み”を増していてびっくり。
 
普段手を繋いだりしながら
手が大きくなっているのは気づいても
厚みが変わっているのってあまり気にとめてなかった気がする。
 
まだまだ幼い子供の寝顔なのに、
小さな変化は毎日積み重なっていて、
ほんの何週間かでびっくりするほど
「あぁ、こんなにしっかりしてきてる」という手の感触。
 
 
手に触れられるところがこれだけ変わるということは、
目に見えない気持ち・思考も日々変化しているということ。
 
 
今日私たちが発している言葉が、
明日の子供をほんの少し変化させる。
数日・数週間の積み重ねが、大きなギャップになる。
  
  
子供だけでなく、大人である私たちも
変化は子供よりさらに見えにくいかもしれないけれど、
ほんの少しずつ変化していくもの。
  
 
周りからのコミュニケーションだけでなく、
自分の発している言葉も
すべて自分は聞いているわけで、
そういう意味では、いちばん多く影響するのは
自分自身が発している言葉だなぁ、と思う。
 
 
———- 
自分を変化させられるものは
誰かの言葉ではなく、
自分自身が今選んでいる言葉、なんだよね。
———- 
 

P.S.今日も今日とてプラス3の皆さんと
 お昼をはさんでみっちり勉強。
 問題を問題視しないこと、違和感を大切にすること。
 そして私は論理的かつスピード感を目指してみたい。。。