大事にすること、されること


私は自分の身の回りのもの、こと、を大切にしているだろうか。
大切にしていないと(息子から)見えているならば
それはどこだろうか。

 
先日のこと。
息子が学校で鉛筆を2本なくしたらしいのだけど、
なくなったのがいつか覚えておらず、
つまりは探してもいないという。。。orz
 
なくなったことに気づかないってどういうこと?
探してないってどういうこと?
 
学校でも公文でも家でもたくさん書くから
鉛筆は削れなくなるまで使ったら、
どんどん新しいのを出していく消耗品だけど、
おばあちゃんや私たちに買ってもらったもの。
“たかが鉛筆”と思ってもらっちゃ困るんだよな。
 
 
「あのね。時間は命といってるよね。
 人も、ものも、時間も、お金も。
 大事にしないと、大事にしてもらえないよ」
  
「自分が大切なものを粗末にする人を、
 大切にしてあげたいと思うかな」
  
仏様じゃないから、人と人だから
何をされても常に優しく寛容に、は難しい。  
 
———- 
コミュニケーションも、鏡。
したことがかえってくる。
されたことは、どこかで自分がしてきたこと。
———- 
 
周りからのコミュニケーションが心地悪いと感じるならば。
自分が発している言葉やエネルギーを見直す。
 
自分とコミュニケーションがしっかりできて、
周りを心地よくするコミュニケーションができていれば
自分の周りはおのずと心地よい環境になっていく。 
 
 
いつもいつも適切なコミュニケーション、が難しくても
振り返り、見直す視点を持っているかいないかは大きな差になる。 
 
振り返り、見直そうと考え続ければ、行動も変わり、
今日ほんの少し行動が変われば、
数ヶ月先、数年先の環境は大きく大きく変わっていく。
 


周りが変わればいいのに、と思ったり
「変わらなきゃ」と漠然と思っているだけでは
なーんにも変わらないのを痛いほど体感してきたから、
私はコミュニケーション(=コーチング)を学んだのだし、
現在進行形で学び続けられるところ(コミュニティ)に、いるんだな。